ご挨拶

 

株式会社想和礼
専務取締役 石川 勝彦

 大切な方を送る葬送の形もこの20年で大きく変わってまいりました。自宅葬から会館葬となり、景気の低迷と地域の繋がりの脆弱化から、直葬や家族葬が増えてまいりました。
 お通夜と葬儀告別式と2日かける葬儀も、1日葬と銘打って、シンプルでコンパクトな葬儀となり、ご近所の方の手を煩わせる事も無くなって参りました。
 時代は令和となり、ますます葬儀の形は、個々人の価値観により変貌を遂げることでしょう。 
 故人様、ご遺族様の想いに寄り添い葬送の形を体現する葬儀は少ないのが現状です。
 また、地域の繋がりが希薄な場合、勤め先の福利厚生に、葬儀があれば安心できると考える方もいらっしゃると私共は考えます。
 そこで、法人の皆様に、社員様の福利厚生の一つとして、弊社のサービスをご利用いただければ幸いに存じます。
 私どもは葬儀プロデュース会社として、喪家様ご遺族様にご納得いただけるサービスを提供してまいります。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。